Homeスポンサー広告日々の出来事>耳の奥からはじまる季節

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳の奥からはじまる季節

2009.12.07 Mon

20091206恵比寿

秋から冬にかけて土日はCBやNPO、まちづくり関係のイベントが目白押しです。
からだが2つほしいなぁと思う日々ですが、この日曜を私は仕事から離れた自分の学びのために使いました。

直接仕事に関わることではないけれど、今の私に必要な場で一日を過ごしたのです。
たくさんインプットされる日常から離れた非日常のなかで、内省する時間がほしかったからです。

情報が混沌と詰め込まれた頭の中は、そのままだと散らかった部屋のようなもの。
そこを豊かな認識の森に変え、熟成させるための時間でした。

こんな時間をとおして自分をメンテナンスするプロセスは、ひとつひとつの細胞のすみずみ、指の先まで思念がしみこむようなイメージ。

ここ数ヶ月走りとおしてきたので、今年は秋から冬への季節の変化に気づくことも忘れて過ぎていきましたが、気づくと12月。
クリスマスのイルミネーションと音楽がまちをつつみこんでいます。

季節をどういうことから感じるかは人それぞれだと思いますが
私は音から季節を感じることが多いのです。

風が葉をゆらす音
ミツバチのささやき
風鈴の音
遠雷…

そして今の季節だとクリスマスソング

この季節のクリスマスソングは、商店街育ちの私にとっては、幼い頃の幸せな記憶と重なります。
まちじゅうに音楽が流れ、高揚した大人たち。
きっと明日はいいことが待っているような予感。なにかに守られているような、不思議な感覚。

Mystyle@こだいらを立ち上げたばかりの頃、事務所でひとり深夜まで作業していたときにいつも聞いていたのもクリスマスソング。
見えない未来にどきどきしていた頃の記憶もよみがえります。

耳の奥からはじまる季節
そのなかでもとくに好きな季節が今です。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cbstyle1006.blog115.fc2.com/tb.php/78-d43cba47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。