スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルRPG

2009.07.05 Sun

今、大学2年の長男がまだ幼稚園に通っていた頃、じつはゲーマーだった私。

やるのはもっぱらRPGでした。

RPGの王道、ドラクエ、FFはもちろん、マザーシリーズ、クロノトリガー、クロノクロス、桃太郎伝説、マリオRPGなどなど、ゲームにひたる母の横で大きくなった長男は、小学校の頃から将来はゲーム作りの道に進むことを決意。

絵も、音楽もすべて自分で作らなければと思い込み^^; 音楽や美術も頑張って、大学は工学部の電子工学に進みました。

…が、今は、ゲームは楽しみの世界でやろうと思っているらしく、現在はロボット作りに励んでいます。

と、子どもネタを書くとしかられるので^^;
冒頭の「かつてゲーマーだった私」ネタに戻りますが、その後、10年ほど前にNPOの世界に飛び込んだ私は、すっかりゲームを封印しました。

ひとつには、ゲームにひたると、寝食を忘れるくらい没頭するあぶないキャラを自覚していたことがありますが、
じつは、ゲーム以上に現実のほうが、よほどわくわくして展開が読めず、面白いことに気づいたからです。

NPOを立ち上げて、思いを実現させるプロセスは、
力をつけ、仲間を集め、冒険のたびを続け、挑戦し、次のステージに進み…と
まさにリアルRPG!

と書くと不謹慎にも聞こえますが、思いが真剣で覚悟がないと、なにも始まらない現実と向き合い進むことは、同様な道に進んでいる方は皆さん同じだと思いますが、苦しさもたくさんあると同時に、喜びもたくさんあります。

ゲームの世界で冒険するのもよし。
だけど、現実の世界で生きた冒険をするのは、なおよし。
と思います。

ということで、子どもたちには、この10年ほどは
「ゲームをすてて、まちに出よう」運動を展開している母です。

ちまたでは、ネットゲーム廃人という言葉もよく聞くようになりました。

どこか遠くの世界の話ではなく、身近なところでも、オンラインゲームにはまって進路を見失った子どもさんの話や、家庭崩壊寸前の主婦の方の話も聞きます。

このことについては、いろいろな要因があると思うし、単純に語れませんが「リアルのほうが面白いよ」という世の中にしたいなぁと思います。

この1週間を振り返っても、新たなわくわくする出会いがたくさんありました。

その中には、かつてNPOの世界にはいるきっかけとなった、目標としてきた方と「さし」で語り合う機会があったり、数十年ぶりにつながったふるさとの頑張っている知人との再会があったり、リアルで動くからこその出会いがありました。

それはまさしく冒険なのです。
しかも、未来につながる冒険なのですね。

とはいいつつ、かつてのゲーマーの血がおとなしくしているわけでもなく、気になるゲームリストもいろいろあります。
そのへんは、おばあちゃんになってからの楽しみということで(^^)

気になるゲームリストのひとつ
     ↓   ↓
ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cbstyle1006.blog115.fc2.com/tb.php/51-c94f6043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。