Homeスポンサー広告コミュニティビジネス>多摩CBネットワーク オフ会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多摩CBネットワーク オフ会

2009.05.10 Sun

昨日は多摩CBネットワークのオフ会でした。

開場は、先月オープンしたばかりのぴかぴかの、たましんが運営する立川のWinセンター

多摩CBネットワークは、多摩のCB事業者およびCBに関連した人々によるゆるやかなネットワーク。

昨日集まったメンバーは16名でしたが、参加地域は、立川、八王子、小平、西東京、三鷹、調布、国立などさまざま。
所属も、行政、金融機関、NPO、生協、FMラジオ、フリーライターさんなど、多彩です。

昨日は、三部形式で行われました。

第一部は世話人と事務局による打合せ
3人いる世話人の1人として私も参加しました。

続いて第二部は、ネットワーク参加者も含めた、今後の活動についての協議。16名参加。
これからの活動の情報共有と、ディスカッションが行われました。
Mystyle@こだいらの地元、小平市からは私以外に3名の方が参加。
これからどんな展開が始められるか楽しみです。

第三部は、懇親会でした。

昨日の会議は堅苦しいものではなく、フランクななかでしたが、現場で百戦錬磨の活動を展開している方たちばかりでしたから、現実感を伴ったやりとりが交わされて、手ごたえ十分でした。

日ごろ、現場で苦労を重ねている参加者のお1人からは、ここ数年来、CB支援という名のもとに行われていることは、うわべをなぞっただけの形式に過ぎないのではないか、という指摘もありました。

そういう側面は否定はしません。
実際、現場を見ず、評論的に机の上で理想のプランを練り、多くの予算をかけても、現実は実績を伴わないものも多くあったと思います。

それについては、私ももどかしさや怒りも感じていますが、多摩CBネットワークでそれを繰り返すつもりは、まったくありません。

顔の見える関係性を基盤として、つながることの相乗効果が生まれるインキュベーションの場、行動がともなう場を目指したいし、それが可能だと思います。

第三部の飲み会では、さらに本音トークが炸裂でした。

今後、さまざまなイベントを仕掛けながら、多摩を舞台にいろいろな動きが始まります。
多摩のCBに関心をもつ皆さまは、ぜひ、つながってください。

多摩CBネットワークはゆるやかなつながりを目指していて会員制度などはもうけていません。
ML参加と同時にネットワークへ参加です。

ただ、顔の見える関係を大切にしているので、お名前と自己紹介は必須です。

参加を希望の方は、こちらのフォームからML参加を申し込んでください。
http://form1.fc2.com/form/?id=408969
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cbstyle1006.blog115.fc2.com/tb.php/39-7b2d7b36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。