Homeスポンサー広告コミュニティビジネス>地域通貨で定額給付金!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域通貨で定額給付金!

2009.03.03 Tue

地域通貨にもいろいろありますが、こんなにも、楽しさ、わくわく感があるというお手本のような地域通貨が、別府温泉のアチチ銀行(!)発行の湯路(ユーロ)。

このたび、湯路から、緊急定額給付金が発行されました。
http://www.coara.or.jp/~sanken/yuro/teigaku.html

キャッチコピー(?)は「Yes 湯~can!」

1湯路は100円ほどということですが、
「おひとりさま12湯路 (18才以下と65才以上はおひとりさま8湯路を追加)」先着順で発行とか。

具体的にどういったことで使えるかを記載したのが以下のページです。
http://www.coara.or.jp/~sanken/yuro/network.html

別府温泉らしく、無料入浴サービスのほかに、個店のサービスも工夫がいろいろでコメントも楽しいです。
さらに、個人の方のサービスも!

読んでいるうちに、小平だったら何ができるかな、私が個人でなにか提供できるとしたらなんだろう、とどんどんエンパワーメントされました(^^)

今、定額給付金を見越して、企業も商店もさまざまな企画をしているところだと思います。
それにまつわるDMハガキも届き始めています。

湯路は定額給付金とは関係ない独自な取り組みですが、
企業、商店など
またはまちぐるみの取り組みにおいても

これに負けないくらいの巻き込み力、企画力をぜひ発揮してほしいものです。

同様にぜひ小平でもチャレンジしてほしいと思う取り組みが新庄市北本商店街の100円商店街

日を決めて、商店街の各店が100円商品を店頭で販売します。
それぞれのお店の工夫や遊び心、心意気が満載の、わくわくするような品揃えは見ているだけでも楽しいし、日頃、なかなか敷居が高いと消費者から思われ勝ちな商店の壁をやぶる試みです。

消費者は、チラシに掲載された100円商品を見ながら、どこのお店に行こうかと、親子で家族でわいわい相談することもあるとか。

その日の人出はお祭並み。
100円買った安心感で、じっくり商店で他の商品も見て、さらにお買い物する消費者も多いといいます。

チラシは予算のかかったものではなく、手作り感あふれるものです。

お金をかけなくても、知恵と心意気で成功する好例です。
地域に元気がないと嘆いたり、他に(補助金などに)はじめから依存したりしないで、知恵を出し工夫をすることから開けてくることはたくさんあると思います。

Mystyle@こだいらは商店ではないですが、定額給付金にあわせて、どんな仕掛けができるか、ちょっと仲間内で「お題」を出して考えてみたくなりました。

地域密着のMystyle@こだいらならではの、小平お買い物&お食事ツアーなんてどうでしょう?
ガイド付で!

考えるだけでも楽しくなります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cbstyle1006.blog115.fc2.com/tb.php/29-83bb966a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。