スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羅針盤

2014.10.11 Sat

昨夜の「まちの居場所づくり実践講座」の2回目は、居場所づくりの方向性を確認する回でした。
http://mystyle-kodaira.net/post_75.html

ビジネス的な即効性のあるノウハウを求めている人にとっては、まどろっこしいプロセスをたどっているのかもしれません。
ですが、必要なものだけを抽出して使う事業は、対症療法にも似ていると感じていて、今回は、こういうプログラムを組みました。

------------

あなたは、どうしてまちに居場所をつくりたいと思うのでしょう?
ほかの誰かがつくることに任せるのではなく、「私」が居場所をつくりたいと思ったのはなぜでしょう?

ちょうど空いている場所があったから、でしょうか
仕事の一環で拠点をつくりたいから、でしょうか

こうした直接の理由の、もっと奥をたどってみると、あなたを居場所づくりにつなげた、ほんとうの思いが見つかるかもしれません。
その思いは、これからの居場所づくりの羅針盤になってくれるのだと思います。

----------------

私は、人から「よくそれだけ動けるね」と言われることがあります。
そうなのかな?と自分では思いますが、もしそうなのだとしたら、それは、私には対話する「過去の自分」がいるからなのかもしれません。

私が対話する過去の自分は、4歳頃の子どもの私です。
その私のそばには、やわらかく微笑んでいる母がいて、その母の人生を見ながら大きくなりました。

4歳の私は、母がまだ幸せだと信じていた頃の私です。
やがて、母の人生は、もっと幸せであってもよかったのに…と思うようになり、いつしか、その手助けをすることもできず、母を失います。

マイスタイルでやっていることは、普通に一生懸命生きてきた人が、幸せになれることを手伝いたいという思いから生まれています。
4歳の私が、安心してやすらげる場をつくってくれた母みたいな人が、生涯、幸せを感じていられる暮らし。
それをつくりたいのだと、思います。そのためだったら、頑張れる。

ときに立ち止まりそうになった時に、戻っていく場所。
会いに行く過去のシーン。
それが私の羅針盤です。

そんな風な思い出と出会える時間を、講座に組み込みました。
おひとりおひとりが、そんな思い出に出会えたでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cbstyle1006.blog115.fc2.com/tb.php/262-b2fcc8d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。