Homeスポンサー広告軸足>最大のピンチは最大の機会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最大のピンチは最大の機会

2011.03.17 Thu

夫も子どもは都心への通勤・通学に四苦八苦している。毎日が帰宅難民すれすれの生活。

少なくなった電車の本数。電車は殺人的なラッシュ。
買えないガソリン。車は長蛇の渋滞。

こんなときだからこそ、できること、それらを回避する仕組みづくりの一手をうつとき。
最大のピンチは最大の機会でもある。新しい社会の仕組みに取組むきっかけとして、今を逃してはいけないと思う。

こんなに大きな犠牲を払って、なにも学ばず、手も打たないわけにはいかないでしょう?

遠くまで電車で出向かなくてもできる仕事スタイル。クラウドが整った今だったらできる。
なのですが、従来型の企業では、決定権をもつ上層部にその価値を理解できる人材が少ない。

車で郊外の大型ショッピングセンターに出向かなくてもできる日常の買い物。今こそ、地元商店街は底力をみせるとき。
なのですが、商店街の重鎮は「頑張ったって客はきてくれない」と腰が重いという話を昨日聞いたばかり。

わからない、苦手だから、あきらめの気持ち、ということで可能性の目をつぶさず、こんなときだからこそ、頑張る気力をだしてほしい。

つらい暮らし、厳しい経済情勢、それら痛みは否応なしにやってくるけど、その痛みをバネにしよう。
利己から脱して未来へ目を向けよう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cbstyle1006.blog115.fc2.com/tb.php/197-9517f153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。