Homeスポンサー広告軸足>トライ&エラー:ソーシャルメディアとの付き合い方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライ&エラー:ソーシャルメディアとの付き合い方

2011.03.02 Wed

いろいろ思うところがあって、ツイッターとFacebookの使い方・使い分けを考える今日このごろ。

ツイッターもFacebookも、じつはほとんど自分からフォローしたり友達申請したりしていません。
とても受身な使い方をしてきたのです。

ツイッターでフォローしてくださった方には、匿名でない方でプロフィールや発言に共感できる方は、つながりを求めてくださったことに感謝して、できるだけフォローを返してきました。

なのですが、知らない方とつながり、お互いのうすい情報のなかで、一面をとりあげ背景も理解されないまま、思わぬ反応が寄せられたり、またそのことの説明の機会も得ることがむずかしかったり、ということがあったりで、自分のつながりポリシーみたいなものを持ちたいと思うようになりました。

こうした望まぬコミュニケーションが発生するのは、うすいつながりだからこそ。
つまりは、もう一生縁が切れてもなんらかまわない、という使い捨てのつながりという背景があるからこそおこるコミュニケーションの形だと思います。

ウェブのコミュニケーションなんてそんなものだよ、という意見もあると思うのですが、私はソーシャルメディアにはもう少し期待を寄せてもいるのです。

私はコミュニティビジネスをテーマにかかげて、日頃は自転車で走れるエリアで地域の方たちと顔と顔の見える中でつきあい活動を進めています。
そのリアルのつながりとwebの両面の相乗効果で、より豊かなつながりを築いていきたいと思っています。

もう少し考えをまとめてみたいですが、Facebookに関していえば、やはりリアルで親しい方とのつながりを重視していきたいと考えています。
となると、個人的につながるのは100名くらいが上限かなと思います。

それ以外の方とは、活動しているNPOの団体ページをつくって、そちらととつながっていただくという形がいいのだろうと感じています。
トライ&エラーを繰り返しながら、自分らしいソーシャルメディアとの付き合い方をつくっていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cbstyle1006.blog115.fc2.com/tb.php/194-66276005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。