Homeスポンサー広告軸足>ソーシャルキャピタルCafe~笑顔の奥の涙~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルキャピタルCafe~笑顔の奥の涙~

2011.02.27 Sun

この1週間は、ジェットコースターのようでした。
終わった今、まだこの1週間のことがほんとうだったのか、実感がありません。

昨日の多摩CBシンポジウム、そしてその2日前の広域関東圏CB推進協議会のCBシンポジウム。
いずれも主催側としてラストスパートと、当日一日がかりの運営。

それに加えて、いくつかのイベント。
4人のインターンの方たちの受け入れ。
さまざまな事務作業。

主婦としての家事。

168954_146193728775539_100001547379653_289980_3249281_n.jpg


そして、多摩CBシンポジウムの分科会の一環として開催したソーシャルキャピタルCafeのプレゼン発表のための動画作り。

ソーシャルキャピタルCafeの動画作りは、他の業務に手一杯で、取り掛かれたのは前日の夜11時半。もうすぐ日付が変わる頃でした。

やりはじめると没頭してそのまま徹夜。朝の7時に完成し、そのまま準備して多摩CBシンポジウムの会場にかけつけて準備、第二部司会を担当し、夜の打ち上げまで。

徹夜で仕上た私の様子を見て、朝早く起きてきた家族が
「こんなに気持ちのこもった仕事は、普通に仕事という気持ちだけではできないね。」と言ってくれたことがうれしかったです。

日頃、忙しさに追われて、じゅうぶん、家庭のことができていないのに、やりたいことを自由にさせてくれる家族に感謝です。

いまは、久し振りにのんびりした日曜日。
心地よい達成感と余韻の中で、振り返る時間です。

ソーシャルキャピタルCafeの動画は、直前の夜中に作ったものでしたが、自分で言うのもおかしいですけど、もう一度見て、涙が出そうになりました。

いま、活動している中で、なにも問題がなければソーシャルキャピタルCafeは開催しなかったと思います。
その背景には、日頃感じているソーシャルキャピタルの希薄さ、つながれない悲しみがありました。

同じまちに住み、おなじようにまちを愛しているのに、わかりあえない。

そんな悲しい気持ちがソーシャルキャピタルCafeをやりたい気持ちにつながって、大切な仲間との出会いがあって、実現しました。

参加者のおひとりがブログで感想を書いてくれました。

『最後、とてもあたたかい空気につつまれて幸せだった。同時に、みんなの笑顔の奥の涙も感じた』と。

ほんとにそうだと思います。
この涙を笑顔に変えるために、頑張りたいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cbstyle1006.blog115.fc2.com/tb.php/193-5fa6886f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。