Homeスポンサー広告コミュニティビジネス>祝☆オープン タウンキッチン@こだいら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝☆オープン タウンキッチン@こだいら

2010.11.24 Wed

「地域の食生活を地域で支えあうまちづくり」のコンセプトで、開店にむけて準備をすすめていたタウンキッチンが、本日、小平市の学園坂商店街の一角にオープンしました!

タウンキッチンについては、こちらのご紹介ページをご覧ください。

ということで、オープン当日のほやほやのタウンキッチンの様子をご紹介します。

タウンシェフ

店頭にはタウンシェフさんのご紹介カード。
手書きのボードにタウンキッチンの熱い思いがしたためられています。

タウンシェフ2

壁一面にあったかみのある絵が描かれていました。
その中心に「今日のタウンシェフ」のご紹介。
ほんとに地域に暮らす主婦の方たちが、タウンシェフとして家庭料理を作ってくれているのですね。

調理着々です

オープン前で店の奥では手料理の数々がつぎつぎと作られています。おうちの台所を学園坂タウンキッチンにうつして、家族の健康を願う主婦の愛情いっぱいの料理と同じものがつくられています。

お料理並びました

さあ。いよいよお料理が並びました。
野菜たっぷり。煮物もバリエーションがあります。揚げ物は少なくて、体に優しいお料理が多いのが特徴です。

お客様ぞくぞく

オープンしました。
お客様がぞくぞく。とくに大きくPRしたわけではありませんが、ご近所の皆さん、きっと関心を持ってオープンを心待ちにしてくださっていたのですね。

小平市の職員さんたちもつぎつぎ来店されていました。
愛されてオープンのタウンキッチンです。

北池さん接客

代表の北池さん。
ちょっとぎこちなく初々しく接客中です。
スタッフのみなさんの「こんにちは。いらっしゃいませ」というあいさつが気持ちいいです。

初お買い物

ということで初お買い物!お野菜がたくさんのメニューはうれしいです。
出所のあきらかな食材、保存料など使わないお料理。
一食だけでもきちんとこういうお料理を食べていたら、一人暮らしで調理がままならない方たちの健康も守られるのでは…と思いました。

で、お味は?
というと、ほんとに家庭料理♪
ちょっと薄味なところも塩分控えめでうれしいです。

これからちょくちょくお世話になる予感。(なんといっても事務所から歩いてすぐのロケーションがうれしいです)

---------------------------------

代表の北池さんは大阪出身。

まだご近所づきあいが残るまちで生まれ育ちました。
料理好きのお母さんの手料理は、スープの冷めない距離のおじいさんの健康づくりにも一役かって、満ち足りた食生活だったといいます。

その後、就職して一人暮らし。
不規則な暮らしで、深夜に帰宅してできあいのものを買ってきて食事…。
自分と同じように、不規則な食生活を送っている人は多いだろうと思い至りました。

「おかんがおったらなぁ。おかんの手料理がたべたいなぁ…」

そんな思いをいだきながら、その思いはいつしか決意に変わり、「おすそわけ」を事業化するための一歩を踏み出し、今日の日を迎えました。

北池さんとは多摩CBネットワークが縁で交流が始まり、ちょうど学園坂商店街がお惣菜店を出店してくれる人を探していることをお聞きしてでご紹介。タウンキッチンの最初の一歩が小平でスタートしたという経緯があります。

とはいいつつ、実現への道は決して簡単なものではなくて、オープン間近に北池さんに会ったときは、まだ30代なのにぐっと白髪が増えている姿に、胸きゅん。
よっしゃーモードにスイッチがはいった私は、「勝手に」応援団として燃えています!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

*Re: お祝い

村田さん
ブログ訪問ありがとうございます。タウンキッチン、ほんとに小平にきてくれてよかった~って思います。働く母の味方。これからお世話になりそうです。

*お祝い

竹内さん配信の写真を拝見しました。明るいステキなお店ですね。キーワード「地域のおすそわけ」はヒットしますよ。おめでとうございます。なんだか嬉しくなるお店。いいですね。  一般社団東京多摩後見会 村田光男

コメント投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cbstyle1006.blog115.fc2.com/tb.php/188-13b6a26a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。