Homeスポンサー広告日々の出来事>やったもんがちを自分らしく始める

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったもんがちを自分らしく始める

2010.07.04 Sun

昨日は羽村のCB講座が第3回目で、講師としていってきました。
会場のゆとろぎは、ゆったりした空間の噂どおりのすてきな場所でした。

私の回のテーマとして主催者の藤原さんからいただいたのは「やったもんがち」(笑)

それって、いったい、どうなの?
どんなブルドーザーみたいなヤツが来るの?
という期待をいい意味で(?)裏切る「え?こんな普通の人なの?」ということを目指しましたが、どうだったでしょう?

特別な能力、経歴をもった誰かだから地域の一歩を踏み出せるのではなく、やろうと思えば、老若男女とわずできますよ、ということのサンプル(?)のつもりで行ってきました。

とはいっても、自動的になにかが始まるわけではないので、そこには工夫と筋トレの日々に加えて、覚悟や決意も必要ですよね、というお話をMystyle@こだいらのこれまでのプロセスをもとにお話しました。

第3回目なので、みなさん打ち解けて、顔なじみのわきあいあいとした雰囲気でした。
休憩時間や終了後、多くの方が名刺交換にいらして、どんどん自己紹介してくださって活発な勢いを感じました。

藤原さんがほとんどお一人で、企画から準備までされたこと、ほんとうにお疲れさまでした。
でも、当日は応援団の方たちもいらしていて、よいネットワークが築かれつつあるなぁと思いました。

すてきな奥さまもしっかりサポートしてくださっていて、リタイア後、ご夫婦でこうした地域への一歩をともに歩めることも、素晴らしいことだと思いました。

きっと昨夜はおいしいビールで乾杯だったでしょうね♪

次回はいよいよ締めくくりの最終回。
楽しみですね。


----------------------


「耳をすませば」のみずみずしさ、まっすぐさが好き。でも、じつは、あの頃の気持ちのままの私が今もいるみたいです。 @cumo123 紅の豚を途中からみた。サントラの加藤登紀子の歌を結婚式のBGMで使ったことを思い出した。やっぱりいい。鳥肌。でも実は、耳をすませばが一番好きだ。
07-03 02:33

身近なほとんどの人が知ってるのは突っ走ってる私。ごくごく少数の人が知ってるのは、ふわふわしている私。どちらもほんと。両方あって完成形。だけど、このところ、ふわふわのほうがないがしろ。これはバランスとしてよくない。
07-03 09:06

週末は、ふわふわの私にご褒美をあげる日。好きな音楽。好きな本。シャボンの香り。ゆっくりすごすバスタイム。ひとりの時間。
07-03 09:09

といいつつも、午後は講座を担当。日頃の野望に突っ走るお仕事モードでお話してきます。それも私であることは間違いない。この外へのアウトプットと内側へどんどんこもっていくところの両極端が自分でも面白いなぁと思う。
07-03 09:12

ビジョナリーカンパニー2を再々読。「情熱を持てる事、世界一になれる事、経済的原動力になる事」の3つの円の重なりから外れる事業は切り捨てる。私たちに落とし込むなら「ミッションを達成できること、私たちだからできること、持続できること」以外のものは手がけないということだろうと思う。
07-03 09:30

NPOを立ち上げて3年。押しても押しても回らない巨大な弾み車を回し続けてきたような気がします。今4年目。一気に車輪が回り始めました。続けていくことの力。さて、これから大切なのは暴走、迷走しないような舵取り。
07-03 09:34

午後のセミナーに向けて移動中。駅のホームではお約束のドリンク剤を腰に手をあてて斜め45度の角度で飲み干しました!さあ、今日はどんな方たちに出会えるか楽しみです。
07-03 12:10

私になにか語れることがあるとすれば、やりたいことを始めるのに遅すぎることはないということです。今日もそんなお話も交えたセミナーです。ただしマイナススタートを補うものはあります。それは何事かをやりとげたい「あふれんばかり」の思いだと思います。
07-03 12:25

えっ?!そうなんですか? RT @fukujyunet 希望する分野であれば・・・・・ヘッドハンティングもありです(笑)
07-03 18:45

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cbstyle1006.blog115.fc2.com/tb.php/149-d8b72c09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。