Homeスポンサー広告仕事のスタイル>「協働は結婚と似ている」説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「協働は結婚と似ている」説

2010.02.22 Mon

結婚

月曜日のMystyle@こだいらは、週末のそれぞれの活動やら、野望やらが渦巻く、なんともいえない空気感の中、始まります。

きょうも、そんな月曜日。

協働という言葉は、NPOの世界でもCBの世界でもよく聞かれる言葉で、同じ言葉を使いながらも、それぞれが別の夢を見ているような様相もあり、なかなか難しく、試行錯誤がおこなわれているのが現状では…と思います。

Mystyle@こだいらメンバーも、それぞれ協働については一家言持っており、このことを語らせるとマイクを離さないというつわものが多いのですが、今朝は

「そうか、協働ってそういうことだったんだ」

と納得のいく会話が交わされました。

つまりは
「協働とは結婚を例にするとわかりやすい」という話です。

意中の相手がいて、ぜひ、結婚という契約の元でともに人生を築いていきたいとして、さて、皆さんならどうするでしょう?

※注:以下、結婚を協働に置き換えると、じつは、このような会話が交わされることが多いのでは、と思われ…

いきなり
「結婚してください」
とは言わないですよね。

さらに
「こんなにすばらしい私なのだから、結婚するのが当然」
とも言わないです。ふつうは。

また別の切り口で表現すると
「とりあえず結婚ぽいつきあいはするけど、約束はできないな」
という不誠実なことをいう相手とはまともにつきあえないですし

「結婚はしないけど、いろいろただで面倒みてよ」
なんていう都合のいいつきあいかたも、ノーですよね。

では、結婚したいと思った場合どうするか。

まずは、自分を知ってもらう努力をします。
そのうえで、
ちゃんと好きになってもらえる自分になる努力をします。

そうして自分を磨き
相手に発信し

「この人とぜひ!」と思わせるような働きかけを、時間をかけ、手間もかけ、関係性をつくっていくわけです。

こんなことを言うと、地道に活動を続けていらっしゃる方たちに叱られるかもしれないですが、

「協働が成立する構図は結婚が成立する構図と同じ」

という説が、Mystyle@こだいらでは共通認識となりました。
(といっても、竹内&岩嶋のあいだで^^;)

行政や企業など、他のセクターとパートナーシップを結びたいと思うNPOやCBの皆さま
「ぜひ」と言わせる実力をつけ、それを見える化=発信をしましょう!

また、市民とパートナーシップを組むことを考えている行政や企業の皆さま
力をつけてきた市民セクターと実りある連携をするには、相互に納得できる「winwin」な組み方が必須な時代になっていることをご理解ください。

そのほか、けさのMystyle@こだいらでは、新たな野望が生まれ、共有ファイルにある「ヒミツのネタ帳」に追加書き込みがされました。

アイデアを思いついた人は、このネタ帳にどんどん書き込んでいきます。
それをみた人は、どんどんツッコミを入れていきます。

そのうちの多くは、すでに実現に向けて動き始めています(^^)
乞う、ご期待です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cbstyle1006.blog115.fc2.com/tb.php/100-6e4d5f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。