Home>2013年11月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学芸大の学生さんたちのサイト「Wanderer」の取材

2013.11.29 Fri

ワンダラー

学芸大学の学生さんたちが立ち上げたサイト「Wanderer」にマイスタイルの記事を載せていただきました。
取材してくれたのは 通りすがりでハタラボを見つけてくれて、その後、ハタラボにどんどん通ってくれている、長尾さん(^.^)

ありがとう♪

本音で語った話を、バシッとうけとめて、レポートしてくれました。
マイスタイルのこれまでのこと、そして今をまとめてくださった読み応えたっぷりの記事、ぜひお読みください。

第一回
http://wanderer.hiho.jp/a03-1.html
第二回
http://wanderer.hiho.jp/a03-2.html
第三回
http://wanderer.hiho.jp/a03-3.html

以下は、サイトにかかれた文章。
すてきなので、ご紹介します。

”「Wanderer」は、英語の「wander(さまよう、放浪するの意)」に、人という意味を表す「er」をくっつけてみました。
大学生という、モラトリアムな時期をさまようわたしたちにぴったりだ!とこの名前にたどり着きました。
さまよいながらも、自分たちなりの道を探し当てたいと思います!応援よろしくお願いします。”
スポンサーサイト

こだいら未来会議 開催しました!

2013.11.25 Mon



こだいら未来会議
少し長いですが、振返ってみます。

まず、昨日の未来会議の様子を、マイスタイルメンバーが書いてくれました。
お読みください。
こちらです。

そして、一晩たって、facebookに参加の振り返りコメントを書いてくださっている人がとても多いのです。
なにかが心に芽生えて、それを言葉にしてくださっていること、とてもうれしいです。

写真は、修了後、全員ではないのですが、残ってくださった方で写した集合写真です。
皆さんの笑顔が、昨日の雰囲気をあらわしていて、眺めていると私もまた笑顔になります。

昨日は、子育て真っ只中のママも多く参加くださっていました。

小さな子を育てているときは、ひとりで出かけることだけでも、家族への理解を得ることなど、たいへんですが、そうした中、時間をつくって参加いただいたことは、ほんとうに、うれしいし、その気持ちに応える場にしたいと思いながら運営に臨みました。

そうしたママのうちの、おひとりの方の文章の一部をご紹介します。

「こだいら未来会議」で実現したかったことは
特別な誰かではなく
あなたが
あなたの暮らすまちで
できる何かを発見すること

そんなことを、あらためて感じる言葉を綴ってくださっています。

---------------------------------

昨日、こだいら未来会議に参加してきました。

未来会議で5年後の小平、自慢したいことは?ということを考えました。
私は「道を歩いていたら知ってる顔があって、こんにちは~と言い合えたり、こどもさん大きくなったね、とか寒くなったけど大丈夫ですか?とかそんなことがある繋がり、人とのあたたかい繋がりがあるんだよ。それでここに住めてよかった、幸せだなーと思うよ」と言えたらいいなぁと思っていることに気付きました。そんな話をしたら「顔の見える街」ということをおっしゃってくれた方もいたり。
案外そういうことから、街が活気づいたり、今抱えている問題とか守りたい自然とか、孤立した子育てやおとしよりとかいうことも解決できたりするのかな…と漠然と思って帰ってきました。

いろいろな方のいろんな思い。そして出会い。活気あふれる会場。
街の元気は住む人ひとりひとりの元気からなんだなぁと実感して帰ってきました。参加できて本当によかったです。

明日はいよいよ「こだいら未来会議」です

2013.11.23 Sat

こだいら未来会議プログラム_convert_20131123131241

いよいよ、明日は「こだいら未来会議」です。
写真は、明日、受付でお渡しするプログラムの最初の2ページです。
明日は、さまざまに趣向を凝らして、参加の方をお出迎えします。
未来会議タイアップ企画「恋するフォーチュンクッキー こだいら未来会議Ver.」もお披露目です。

現在、60名を超える方からのお申し込みをいただいていますが、当日参加も受け付けが可能ですので、参加してみようと思われた方は、当日、直接、会場にお越しください。

〇会場 小平市健康センター4階視聴覚室
アクセス http://mappage.jp/dtl/infolist.php?KanriNo=13211S000013&mode=md

〇日程 2013年11月24日(日)13時~16時半(開場12時半)

この日を迎えるために、たくさんの方と出会い、語り合い、マイスタイルのみんなで、心づくしのおもてなしの場をつくるために、走ってきました。
そのプロセス自体が、すでに「こだいら未来会議」だったと思います。

明日の会場の窓からは、色づく紅葉も見渡せる、開放的な景色が広がっています。

参加の方は、どうぞ、ゆったりした気持ちで、晩秋の休日、まちの未来に思いをはせて、出会い、語り、未来の種をみつけ、はぐくむひとときを、過ごしていただけると幸いです。

----------------

以下、少し長くなりますが、私のモノローグです。

未来会議は、市内の他のイベント(市内NPOと大学インターンの成果発表会、青年会議所イベント、公民館まつりなどなど)と日程が重なるという厳しい状況で、集客に苦戦しました。
結果としては、60名以上の方からお申し込みをいただくことができました。
そして、数字にはあらわれない、うれしいこともありました。

じつは、お申し込みの80%以上が小平の方です。

マイスタイルは、これまでイベント集客にほとんど苦戦したことがなく、早々と満員御礼の記録を重ねてきましたが、これまでの集客は、小平以外のエリアの、アンテナが立った方の参加が多く、地元小平の方の参加割合が少ないというのが、課題だと感じていました。
身近な市民に支持されない活動は、ダメだと思っていたからです。

それが、今回は、市民の方の参加割合が多いという初めての快挙です。
さらに、これまで接点がなかった市民の方の参加が多いのです。
地域の活動に初めて参加します、という方や、ご夫婦で参加くださる方もいらっしゃいます。

未来会議は、わたしたちNPOの未来の扉をあけるきっかけの会議でもありました。

明日、みなさんにお会いできることを、とても楽しみにしています。

NVC(Non Violent Communication:非暴力コミュニケーション)

2013.11.03 Sun

1384370_577751415631118_2093663433_n.jpg


昨日の「ハタラボ コミュニケーション講座」は、参加した方にとって、ゆっくり時間をかけて熟成されていく種が、蒔かれる講座でした。

講座内容
https://www.facebook.com/events/759332417415582/?ref_dashboard_filter=calendar

NVC(Non Violent Communication:非暴力コミュニケーション)の講座は私個人としては2度目です。

一度目の講座で、自分の感情のニーズを満たすことへの入り口を見つけました。

理性で押さえつけられている感情は、ニーズが満たされることで解放される。
根本的な解決に至らなくても、その感情のニーズに気付いてあげるだけでも、満たされる。その経験は、私を楽にしてくれたし、穏やかにしてくれました。

二度目の講座では、自分を解放するだけではなく、他者へ寄り添う方法を学ぶことができました。(実際に行動するには訓練が必要ですが、その方法を学びました)

それは、リフレクションとフィードバック。

リフレクション(ただ、ただ、相手が語る言葉をくりかえし、確認する=「そうだったんだね」。)
フィードバック(自分が感じた「相手の感情」を伝える。→その感情から自分が感じた相手のニーズを伝える)

あれこれ、アドバイスをくれなくても、ただただ、「そうだったんだね」と寄り添ってくれるだけで癒される経験は、これまでもありましたが、その経験が理論づけられた。そんな場でした。

参加した一人一人の方たちにとって、コミュニケーションの新しい扉を開く場でありますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。