Home>2011年08月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒りを未来の一手にかえて

2011.08.15 Mon

イギリスで起こっている若者たちの暴動は、政治的な背景や人種差別などの背景がない「大義なき暴動」と言われている。
「彼らは希望を持てず、失うものは何もないと感じている」という論評もある。

これは、全世界的に共通の意識ではないかと感じる。

いま、おこっていることは、大人のつくった社会の中で、​否応もなく持たざる者となってしまった若者世代と、既得権を得て​いる大人世代の「世代間闘争」。

キャメロン首相は、暴動にからみ「ツイッター」などの規制を検討​しているということだけど、そういう対症療法は、その場しのぎだ​ろうと思う。

いま、なにが起こっていて、どこへ向かおうとしているか、その本​質をとらえて、対局観で今後を考える時代に来ているっていうこと​に気づいて、そのために何ができるのか、真剣に考えなくてはいけ​ない。

若者世代を覆う閉塞感。
この閉じた生き場のない怒りは、とても大きなエネルギーになる。

じつは、この感覚はよくわかる。

閉塞感は、若者は世代的にもっているけれど、じつは、女性も現在​進行形で、長くもっている。
いまの、怒れる若者の姿は、10年前までの​私でもある。

持たざる者。

社会の枠の中でもがいても、出口を見つけられない、​長いトンネルにいるような希望を見出せない状況。
あれは、かつての私。
今の頑張るエネルギーは、その閉塞感がつくったもの。化石燃料み​たいに、ずっと燃え続けている。
でも、出口のない怒りのエネルギーは、いま、目指すものをみつけ​て、のびのびと燃えている。

この社会をかえたい。
その一点に思いを転換して、いまも、かわらず、もえさかっている。

だから、あふれんばかりの怒りのエネルギーを、なにかひとつでも​、目的をみつけて、そこに注ぎ込んでほしいって思う。

まっていても、かわらない。
そうだとしたら、しずかに着実に、今を、未来を、変えていく力に変えていこう。

小​さな一手でも、たくさんの小さな一手がかさなったら、きっとなに​かが変わるよ。
そう信じて。
スポンサーサイト

つかのま なつやすみ

2011.08.14 Sun



まとまったお休みがとれない今年の夏。
遠出はしないで、近くでリフレッシュしています。

自宅から車で30分ほどの緑に囲まれたホテルで、なにをするでもなく、ただ、ゆっくりとした時間を過ごしています。
明るい陽ざしのさしこむスパは、貸し切り状態でした。
目を閉じて、お湯に身を任せていると、じわ~~っと細胞のひとつひとつが癒されていくようでした。

ホテルの近くのショッピングモールは、お盆でかえって人出が少ない。
ゆっくり散策したり、映画を見たり。

ジブリの新作「コクリコ坂から」を観ました。
昭和30年代の横浜が舞台。
当時の高校生たちの、暮らしのひとこまを、丁寧に描いています。

多くの人が、これから始まる未来に希望をもっていた頃。
戦争で一度失った暮らしを、新しく再建しようという気概を持っていた頃。
生きることを真剣に考えることに照れもなく、まぶしいくらいにまっすぐの時代。
「3丁目の夕日」もそうですが、昭和のあの頃を、せつないくらいにまぶしく感じるのはなぜでしょうね。

ふと、中学の頃のある日のことを思い出しました。
叔母の高校の友人たちとの写真を見て
「なんて、くもりのない表情をした人たちなんだろう」と、まぶしく思ったのです。

ちょうど、この映画の主人公と同世代の叔母でした。

だけど、この映画は、ただ昔を懐かしむものではない、と思いました。
忘れてしまっていたけど、とても大切なことを、もういちど、取り戻そうと思う力を与えてくれる、そんな映画だと思いました。

映画に描かれていた、人を好きになること
すれ違うだけでも幸せに思う、ピュアな気持ち
未来を信じて、今を一生懸命生きること

いまは、なりゆきにまかせたお手軽な恋が増えているような気がするけど
未来を信じるには、あまりにも閉塞感があるけれど

だけど、信じてみたいな
人ってすてきだな

そんな風に思える映画でした。

宮崎吾朗監督
ゲド戦記から、飛躍しましたね。

これからの作品が、楽しみです。


お?なんだか変わってきましたよ

2011.08.13 Sat

インターンの皆さん

PTA役員仲間が母体で始まったMystyle@こだいら。
ということで、当然、構成メンバーは当初は「おかあさんたち」が中心で、やたらテンションの高い「おばちゃん」?パワーでぐいぐい、いってたわけですが(^^ゞ

ここにきて、なんだか様相がかわってきました。

その兆候に気付いたのは、昨年末の忘年会あたり。
『あれ、男女半々くらいになってるじゃん』

さらに、最近は、年齢がぐっとわかがえり、20代も続々と。
シニア男性も、現役働き盛り世代も。
それも、自ら志願して活動に参加するメンバーがふえてきました。

う~~ん
なんだか男女、世代が多様になってきました。

もともと、無理な拡大はしないで、自然増な流れに任せていたMystyle@こだいら。
刺激的に楽しげにやってるうちに、アンテナでキャッチして「参加したい」と思ったメンバーが、集ってきた結果のようです。

お世話しない、されない。
やりたいことは、言ったもん勝ち、やったもん勝ち。
面白そうだったら仲間が集まって実現するし、そうでなかればスルーされる。

もともとピンでやれる力を持っている
だけど一緒にやると、もっと楽しい、もっと高みを目指せる
Mystyle@こだいらという器を上手に使って、目指すことを実現する

ただし、ミッションの軸足は、ゆるがさない

そんな個性が際立つほどに、それに呼応する人たちが自然に集まってきました。
その結果が世代や性別が偏らないメンバー構成になっていることは、うれしい!

4月の新年度スタートから5カ月。
すでにさまざまな仕掛けが発動しているMystyle@こだいらですが、中盤にかけて、いよいよ仕掛けの意味が見える化します。

おお、そうくるか、という野望があきらかになります。
お楽しみに。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。