Home>2011年01月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルキャピタルCafe

2011.01.31 Mon

名称未設定 2

2月5日(土)。
午後1時から、小平市の嘉悦大学でソーシャルキャピタルCafeを開催します。

詳細
http://mystyle-kodaira.net/cafecb.html

ソーシャルキャピタル…
聴きなれない言葉かもしれません。

ソーシャルキャピタルとは、近年注目を集めている概念で、信頼によってつながりあった「人と人の間」にある「見えない資産」のことです。

いつからこの言葉を意識していたのか今では思い出せませんが、私は、ここ数年、ずっとこのソーシャルキャピタルという考えを胸に暖めていました。

昭和の時代
三丁目の夕日の時代

懐かしく語られる、あたたかみのあるご近所づきあい。
それは、かつて「あった」と思いたい、今を生きる人たちの願望がつくりあげたユートピアなのかもしれません。

でも、なにかが「かつて、あって」、いま、なにかが「失われて」しまっている。
それは確かだろうと思います。

その失われたものが人と人の絆。
信頼で結ばれあったことから生まれる「見えない資産」ではないか、と思います。
かつて豊かにあったものが、いま、うすく、弱々しくなっている。

なぜ、私はソーシャルキャピタルが気になり続けていたのでしょう。
それは、きっと、小さな哀しさやさみしさが、少しずつ心の中に降り積もり続けていたからだと思います。

その哀しさやさみしさをとかす力が「ソーシャルキャピタル」にはあるような気がしたからだと思います。

私は自分らしい働き方を目指して今の活動を始めました。
家庭か仕事かではなく、家庭も仕事も、どちらも大切にしたいと強く願ってきました。
そして、その思いは、コミュニティビジネスという形にたどりつきました。

それは、まさに、地域の「人と人」が信頼でつながりあえてこそ成立する仕事の形です。

いま、ソーシャルキャピタルは、さまざまに研究が重ねられ、地域の課題解決に大切な役割を果たすといわれています。
たとえば、取引コスト。

顔と顔の見える間だからこそ、まわりくどい調査や段階をふまなくても、取引や連携が成立する。
時間もコストも大きく削減できます。

地域の安全もソーシャルキャピタルが豊かになることで向上するといわれています。

そんなソーシャルキャピタルを豊かにするには、肩書きをすてて、まずは素のままの私とあなたで出会うことなのだと思います。

2月5日のソーシャルキャピタルCafe は、そういう場です。

ゆったりとした時間の流れの中で、
自分と向き合い、相手を知り、対話する。

そこで生まれたつながりは、最初は小さな泉の一滴かもしれません。
でも、集まることで、いつか大きな流れになる。

自分らしくコミュニティビジネスを育むなにかを始める。
そこに生まれる地域のネットワークから、いつかゆたかなソーシャルキャピタルが、力強く地域を潤し満たしていくことでしょう。

当日は、いつも参加しているセミナーとはちょっと違った、非日常かもしれません。

珈琲や紅茶
お菓子
ゆったり流れる音楽

自分を開放し、思いを分かち合える人との出会い。

忙しい人にこそ来ていただきたいソーシャルキャピタルCafe.

残席が残り少なくなりました。
参加ご希望の方は、お早めにお申込みください。

詳細はこちらです。
http://mystyle-kodaira.net/cafecb.html



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。