fc2ブログ
Home>2010年03月02日  TotalPages1

15の春

2010.03.02 Tue

昨日は都立高校の合格発表。
最後まではらはらさせた下の子は、無事、第一志望に合格しました(涙)

志望校の合格者の平均の内申に10も足りない。
普通だと受験を考えることもない学校にチャレンジでした。

さらに仕事でばたばたで、週末もずっと出かけてばかりの私なんかが母だったので、子どもは充分な家庭のサポートもなく、ハンデだらけでしたから、心から「よく頑張ったね」と言ってあげたいです。

小学校のときから仲良しの友達が4人。

推薦ではやばやと合格を決めたひとりの子は、昨日は自分の発表のようにどきどきそわそわと待っていてくれたようです。
何度も電話をくれてありがとう。

でも、もう二人の子は、残念な結果…。
ずっと切磋琢磨しながら励ましあってきたから、とても残念だし、どう声をかけたらいいだろう…と思案していたらピンポーンとインターホンがなりました。

二人が少しさみしそうにはにかんで、でもニコニコ顔で立っていて
「おまえ、キックドロップだ!」といいながら、荒っぽい祝福をしてくれました。

そのあとは、3人でゲーム三昧。
最後は「大学で会おう!」と約束しあっていました。
(親同士も、わいわい発散。)

学校はわかれても、ずっと仲良しでいてね。

15の春は
これから続く人生の分かれ道のひとつ。

ずっと一緒に過ごしてきた幼馴染とも、それぞれの意思で違う道を選びます。

きょうの、うれしかったことも、切なかったことも、大切に心に刻んでね。

----------------------------

追記

都立入試のあれこれの余韻に親として浸っていたわけですが
合格発表の翌日、子どもが「ブタメン」を10個くらいもらって、学校から帰ってきました。

ブタメンとは
駄菓子屋さんで売ってるような、ミニカップ麺。

志望校を、誰もが「無理!」というなか
「もし受かったら、なにかくれ!」と言っていたらしく

その約束を守った友達が、なぜかみんな「ブタメン」をプレゼントしてくれたらしく
…親としては、かぎりなくビミョーな気分で、喜んでる子どもの姿をながめました^^;
スポンサーサイト