Home>2010年01月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大局観

2010.01.28 Thu

シナプス

今夜は都心でセミナーに参加。

主催するのは、「アイデアハック」など、一連のハックシリーズの著者として知られる小山龍介さん。

なかなか刺激的な内容でしたし、これからやってみようと思っているチャレンジに大きなヒントをいただきました。

その小山さんが、ご自身のブログでTwitterのつぶやきを公開しています。
テーマは「30代と大局観」http://www.ryu2republic.jp/post/356216981/30-1-24

30代は将棋で言うと「中盤で、終盤はまだクリアにイメージできないけれど、一手間違えると形勢が変わる。実は一番、大局観を必要とする場面」ということと小山さんは語っています。

人生は選択の連続なので、ちょっとした一手の違いが10年後、20年後には、とても大きな違いを生みます。
並行して走っている2本の道路が、ちょっとした角度の違いで、気づくと限りなく遠く離れてしまうように。

私は、選択の場面に出会うと、かなり本能的な直感で選んでいます。
理詰めよりも、どちらがより「自分の良心に忠実か」「より清明か」を基準にしています。

結果はじつはそれほど重要ではないような気がします。

選んだ結果がたとえ失敗をまねいたとしても、自分の良心に忠実に選んだ結果だとしたら、そこからまた立ち上がればよいだけですが、これが打算や後ろ暗さを伴う選択だったら、立ち上がるエネルギーが枯渇してしまうかもしれないと思います。

そうして、より心地よい方向、10年後の自分に「ちゃんと目をそらせずに語れる選択」を積み重ねていくことの連続の結果は、死を迎えたときに、よかったね、と自分にいってあげられるような気がするのです。

やりたいことは、「やれるとき」、「やるべきとき」がくると、すっとできるような場や人との出会いが待っているものです。
それは小山さんがおっしゃるところの「時が来たことを察知する能力=大局観」ということかもしれません。

ただし、「今がそうだ」、「この人がつながる人だ」ということがわかるためには、目先のこととは別に、死から逆算して、どう生きて生きたいかを意識しながら日々を送っているかどうかが問われるだろうと思います。

ドラッカーは
「何を持って記憶されたいか」ということを問いかけています。

生きてきた証として、どんな風に自分を記憶されたいか。
そこから遡る生き方の軸足は、心強い人生の羅針盤になるだろうと思います。

CBやNPOの世界は退職シニアの方や家庭にいる主婦の方の活動が目立ちます。
逆に現役ビジネスパーソンの姿は見ることは少ないのです。

なのですが、大局観にたったときに、30代でソーシャルな世界にも目を向け、そこにも軸足を作っておくことは、20年後の生き方に大きな違いを生むだろうと思います。

昨日少しお話した5月の新たな取り組みは、この層の方たちにいかに働きかけるかがテーマです。
忙しい目の前の仕事に取り組みながら、私も自分にできる大局観をもった仕事を大切にしていきたいと思います。
スポンサーサイト

恋するように仕事をしたい

2010.01.27 Wed

春が近いからか
お天気がいいからか

なんだか気持ちがピュアになって、ハミングしたくなるような弾んだ気持ちです。

いえ、とくに何かがあったということではないのですが^^;
そういう気持ちになることが時々あります。
満月に向かう流れの中で、なにかチャージされてるのかなぁと思ったり。…という意味では、とっても自然の摂理に素直な精神とも言えて。

これって、恋してるときの気持ちにも似ているかも?
ですが、目下のところ、目の前にあるのは、お仕事!

これからしばらく、またもやお休みなしのモードに突入します。
平日は打合せや締め切り仕事、各種、事務作業。

夜や週末は、講座やイベントが目白押しです。

そういう暮らしがMystyle@こだいら設立以来、3年以上続いていますが、望んでやりたいと思う仕事に、充実して取組めることは、ほんとうに幸せなことだと思います。

5月には、新たな試みも予定していて、昨日はコアスタッフで今後の作戦会議を開きました。
「つながる」ということが、CBにおいても、もちろんMystyle@こだいらにとっても大切なキーワードですが、今回企画が始まった試みは、これまで未開拓だったところに、新たな「つながり」をつくるためのチャレンジでもあります。

もう少し概要が固まり次第、お知らせしたいと思います。
乞う、ご期待!

「恋するように仕事をしたい」

これは、昔々、就職したばかりの頃、職場で課されたレポートのテーマとして書いたものでした。
上司は苦笑いしたと思いますが^^;
その頃の気持ちと少しも変わっていないあたり、けっこう「本気」で昔からそう思っていたのだと思います。

いつになっても、
ピュアでいたいし

それが私のエネルギーの元なので

付き合う人たちは、ときにたいへんかもですが、これからも「恋する仕事モード」の竹内と、お付き合いよろしくお願いいたします。

多摩 続々と動き始めました

2010.01.23 Sat

先日も書きましたが、多摩のCBの動きがどんどん始まりました。

一昨日は、満を持して!、調布でCBの活性化をめざすグループが立ち上がり、その最初の顔合わせに私も参加させていただきました。
3月には初イベントを主催するなど、フットワーク良く、楽しく活動がスタートしました。

また、本日は、立川でCBフォーラム

行政主催にはめずらしく有料にも関わらず、定員70名を満たすお申込みです。

さらに、多摩ではないですが、同じく本日、横浜でコミュニティカフェフォーラムが開催されますが、
こちらもやはり有料のフォーラムですが、定員を大きく上回るお申込みで開催ということです。

この有料ということについては、Mystyle@こだいらでは、設立以来、主催事業では、極力、有料を掲げてきました。

小平ではNPOが有料の講座を主催するのは珍しいことだったので、いろいろな意見もいただきましたが、有料にすることで、本気の方が参加してくださることが多いということ、また、お金をいただくことで、主催する私たちも払っていただく以上のメリットを感じていただく内容に!と、質を上げることにスタッフ一同、全力を注ぎ、結果として、参加者と主催者双方に得るものが大きくなること、など多くの意義があります。

イベント開催には、チラシの作成、資料の印刷などなど、さまざまな経費がかかります。
行政主催のイベントや、補助金を使ったイベントの多くが無料なのは、そこに税金が投入されているからで、けっしてお金がかかっていないからということではないのです。

それを、自由な立場で自立して適正価格を設定し、参加の皆さんにも資金で支えていただく中で、責任ある持続した活動につなげていくことは、CBのあり方にも通じるものだと思います。

さらに2月13日(土)の多摩CBシンポジウムの取り組みも、これからのヒントがたくさんある運営です。

多摩CBシンポジウムの主催は多摩CBネットワークです。

会費も規約もなく、あるのは、参加メンバーの自発的で主体的な思いのみでつながった任意団体である多摩CBネットワークにには、そもそも予算はありません。

ですが、活動には経費もかかります。
それをどう補うか?ということに知恵を絞るのですが、これがとっても楽しい形で進んでいます。

たとえば、300人定員のシンポジウムに必要な資料を入れる封筒。
多摩CBネットワーク独自の封筒などないのですね。

そこでML参加者に1団体30枚の封筒の提供を呼びかけたところ、あっというまに10団体から封筒の提供の申し出がありました。
もちろん、Mystyle@こだいらも提供します!

当日は、いろいろな封筒をもった参加者の皆さんが集われるわけです。
どこの団体の封筒に入った資料がもらえるか、お楽しみ!

さらに、シンポジウムでお披露目となるパンフレットの制作費を捻出するため、パンフレットに6つの広告枠を設けて公募したところ、MLになげて5分で広告枠がうまりました。

活動を開始して1年。
多摩CBネットワークの活動を見続けてきた人たちにとって、この活動が秘めている可能性が認められた証だと思います。

この勢いは、さらに多摩の各地に波及していくだろうと思います。

参加しないと損ですよ♪

関心のある方は、まず多摩CBシンポジウムにお越しください。
詳細お申込みはこちらです。
http://tamacb.blog38.fc2.com/blog-entry-27.html

下ごしらえ

2010.01.19 Tue

年度末です。

事業の仕上げや報告書作りなどなど、忙しくされている方たちも多いのだろうと思います。

Mystyle@こだいらでは、設立以来、年度内で仕上げなくてはいけない行政の委託事業などは受けていないので、あまり年度末を意識したことはありません。

かわりに、というか
毎年この頃に始まるのが、新年度事業の準備です。

次年度の連携のため
または作戦会議として

この時期、いろいろな方たちと会う、どんどん会う
という流れが始まります。

ちょうど、今週あたりから、その流れが続きます。

わくわく年度末の始まりです。

こちらからボールを投げて
相手からもボールが飛んできて

受けて
返して

セッションですね~♪

さぁ、きょうも、どんなお話になるか、楽しみです。

あれから15年

2010.01.17 Sun

15年前の早朝、阪神淡路大震災がおこりました。

つい先日のことのように思うのに、もう15年。

その日を私は大宮市(現:さいたま市)で迎えました。
おなかには二人目の子ども。
もういつ生まれてもおかしくない私は、期待と少しの不安を抱えて、なんだか泣きたくなるような幸せな気持で過ごしていました。

その1年前まで、兵庫県宝塚市に住んでいました。
芦屋には中学からの親友も暮らしていました。
震災の被害は、神戸を中心に、芦屋、宝塚にもおよび、大きな被害が出ました。

その日、私は一度もテレビをつけていませんでした。
午後、夫から電話。

「神戸がたいへんだぞ。知ってるのか?今すぐテレビをつけろ。」

宝塚の知人も
芦屋の親友も
当然のように電話はつながらず、安否が心配で夜までテレビのニュースをつけたまま、まんじりともせず過ごしていました。

宝塚時代の最寄り駅で、電車が横転している様子も報道されていました。

当時5歳だった長男は、「燃えているまちの映像がずっと流れていたのを覚えているよ」と15年後の式典のニュースを見ながらつぶやいていました。

翌日には心配していた芦屋の友人から「大丈夫だからね」と電話。
ライフラインは壊滅で
彼女自身、1歳の子どもをかかえ、その直後には重い荷物が子どものベッドの上に積み重なった部屋の様子を見て「もうだめだ…」と凍りついたといいます。
幸い、荷物はかろうじて子どもの横に落ち、無事でした。

私がまだ宝塚に住んでいると思い込んでいた大学時代の先輩は、実家に確認し、今は埼玉にいることを知って
「無事だったんだ…」
と安堵しながら、「どれだけ心配したか」と怒ったような声で電話をくれました。

それから数日後、私は二人目の子どもを出産しました。

次男は、生まれた瞬間、生きてるよ、ボクだよ、と精一杯自己主張するように、小さな体で、大きな声で、産声をあげていました。

私たちは
「友」達を、助け「起」こすことができる人に、という願いを込めて
「友起」と名づけました。

明日がある
明日も会える
そんな約束は誰もできないのですね。

きょう、誰かとのつながりにしこりを残していたら
こじれた中で絆が途切れてしまっていたら
どんなに悔いても、もう相手に「本当の気持」を告げることはできない。

ありがとう
大好きだよ
と伝えることもできない。

そんなことを思うと
今すぐ会いにいきたい人もいる…
ということに気づきます。

15年前のこの年は
出産後、まもなく東京ではサリン事件。
その日、夫は同じ路線の電車で移動中で、少しの時間のずれで難をのがれました。

夏には夫のはじめての転職で、徳島に引越し。

時代も、個人としても、めまぐるしい変化の中で、過ごすことになります。

あれからもう15年。

子どもたちはすっかり大きくなり
私たちは、さらに3度の引越しを経験し
これまでの人生でいちばん追い詰められ、いちばんもがき、でもいちばん充実して、前に進んできた日々でした。

そして今は、当時は想像すらしていなかった流れの中で、やはり走り続けています。

明日はないかもしれない
だから、今日を、丁寧に紡いでいきたい。

そんなことを思う今日という日。

多摩のCB 草の根的に加速!

2010.01.16 Sat

IMGP1663_1_.jpg

15日はさいたま新都心で、広域関東圏CB推進協議会のシンポジウムが開催され、静岡、多摩のCBネットワークをテーマにパネルディスカッションが行われました。

私は多摩のパネリストの一人として、お話しする機会をいただきました。

多摩は行政区として全体を取りまとめる機関がありませんが、そのことで、かえって市民や企業、地方自治体、金融機関、大学など、さまざまなセクターの自立した主体的な取組みが進みやすい特性があります。
それを具現化したものとして昨年誕生したのが多摩CBネットワークです。

さまざまなセクターが集いながら、その関係性はフラット。
規約も会費もなく、あるのは主体的で自発的な意志による行動のみです。

行政職員の方たちも参加されていますが、日ごろ気遣う市民とのつきあいとは一風異なる、肩の力のぬけた、のびのびした空気を実感されているのでは…と思います。

会の中に行政依存の空気がなく、同じことを目指す仲間という意識が自然に生まれているためです。

こうした動きとも連動して、昨年11月にMystyle@こだいらではCBフォーラムを小平で開催しました。

その後も、多摩のあちらこちらのまちで、それぞれのまちらしい同様な試みが次々と始まっています。

現在、以下の動きがあります。

11月15日 小平フォーラム
1月23日 立川フォーラム
2月13日 多摩CBシンポジウム
3月7日 調布フォーラム 来週の作戦会議から本格始動!
6月 羽村CB講座

これらがいずれも、行政主導のものではなく、草の根的な動きの中から始まっていることは、特筆すべきで、これからのCB活性化の方向を示唆していると思います。
この動き、みなさん、ぜひ注目してください。

さて、そんななか2月13日(土)にはいよいよ多摩CBシンポジウムです。

参加申込みはゆっくり、と思っている方がもしいらしたら、お早めに!

シンポジウム自体は300人定員ですが、その後の交流会は100名定員です。
11月の小平フォーラムでは、交流会定員は早々とうまり、たくさんの方にお断りをしなくてはいけませんでした。

まずはご自身が(^^)
それからお知り合いにも!

内容、お申込みなど詳しくはこちらのページからです。
http://tamacb.blog38.fc2.com/blog-entry-27.html

ゲストの事例はほんとにオススメです。
とくにお二人とも遠方の方ですから、こうして直接会う機会はもう、なかなかないと思います。

本で紹介されていたり、人づてで聞いたりで内容は知っているという人も、生のライブの力は、知識を超えます。

場の力、生の力にぜひふれてください。
それは次のあなたの一歩を踏み出すターニングポイントになるかもしれません(^^)


本を買うのがやめられない

2010.01.13 Wed

このところ
ついつい
本をたくさん買ってしまい、連日アマゾンから届きます。

昨年末、泣く泣く本を整理したばかりなのに、本依存症かも…(事務局の岩嶋が、そのようなことを語ってました)

子どもの頃からそうですけど
本を手にするときの幸福感は、今も昔もかわりません。

ということで、たまってきた未読本を今夜は読みふけることにします。
わくわく♪

この1ヶ月で買っちゃった本(…の一部^^;)

プレゼンテーション Zenプレゼンテーション Zen
(2009/09/07)
Garr Reynoldsガー・レイノルズ

商品詳細を見る


こういうシンプルなプレゼン資料で勝負できるようになりたい。
デザインの力。
余白の力。

でもCBの世界は、じつはほどよく泥臭いほうがいい。
こんな感じのプレゼンが活きる企画も一方でやってみたい。

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
(2006/05/08)
ダニエル・ピンク

商品詳細を見る


著者のダニエル・ピンクさんが好きだから、ついつい。
めずらしく作者買い(ふだんはあまりしないんだけど)

フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるかフリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか
(2002/04)
ダニエル ピンク玄田 有史

商品詳細を見る


こちらもダニエル・ピンク。
誰かに貸してどうなったかわからなくなったので再び購入。
ひとりひとりは自立しているけれど、プロジェクトごとに集合離散というMystyle@こだいらのお仕事スタイルはこの本に影響を受けたもの。

希望の仕事術希望の仕事術
(2010/01/08)
橘川 幸夫

商品詳細を見る


運試しみたいに
ぱっとランダムにページを開いてみる。
そこにあったメッセージが今の私に必要なメッセージ、みたいな読み方してます。
つまりは、どこを読んでも、ヒントがある、そんな本。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
(2009/11/21)
クリス・アンダーソン

商品詳細を見る


なんでもタダがあたりまえになってきた。
じゃあ、そんな時代の収益って?ということを知りたくて。

セーラが町にやってきた (日経ビジネス人文庫)セーラが町にやってきた (日経ビジネス人文庫)
(2009/03)
清野 由美

商品詳細を見る


小布施にいってみたい。
小布施ッションに参加してみたい。

というふうに、上記は、ささっと読めるんだけど、これからにも活かしていけそうな本たちでした。
というか、今やってることの方向はこれでいい?ということを確認したいから読んでみようという本たち。

もちろんこっちの世界も忘れていません^^;

死の王 (ハヤカワ文庫FT)死の王 (ハヤカワ文庫FT)
(1986/05)
室住 信子タニス リー

商品詳細を見る


さらにお約束のライトのベルの新刊も!
いよいよ佳境です。

彩雲国物語  暗き黄昏の宮 (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 暗き黄昏の宮 (角川ビーンズ文庫)
(2009/12/01)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る

かわっていく予感

2010.01.12 Tue

このブログはMystyle@こだいらの代表の竹内の立場で書くこともあれば、竹内千寿恵という一人の人として書くこともあります。
Mystyle@こだいらの公式なブログは、別途、活動日記があるので、こちらでは公私がない交ぜになった発信です。

たぶん、ちゃんとした(?)というか、大人な人は、このような仕事にも関わり匿名でない自分の発信の場で「私」の領域の発信はしないのだろうと思いつつ、NPOであったりCBであったりという世界は、人としての部分をはずしては語れないこともたくさんあると思うので、私のこのスタンスは変わらないだろうなぁと思います。

素の私があって
なにがしか、生きていた証として残しておきたい価値観があり
それを具現化するための仕事・活動があります。

昨年末あたりからずっと
なんだかすごく大きなものが、心の奥の深い深いところから浮上しようともがいている気配があって
そのまま出てきてしまうと、あまりにむき出しだから、折り合いをどうつけようか、ここ数日、自分とけっこう激しく議論しています。

公と私と、両方の私が小さなテーブルをはさんで激論を交わしているようなイメージです。

心の深い深いところでもがいている竹内千寿恵さんは、たぶん私の中の素直な「子ども」の気持で、ずいぶん悲しんでたり怒ったりしてるみたいなので^^; そちらにも耳を傾けないと、と思います。

内省すること…

そこからなにかが変わっていく予感です。
その変化は、もっと自分を好きになるためのステップのような気がします。

苦しくても楽しい時間。

向き合って、近いうちにきっと昇華させます。
そして、もっと自分らしい、文字通り、マイスタイルな仕事へと転化させていきたいと思います。

かわっていく予感に、静かにわくわくしています。

2月13日(土)は多摩CBシンポジウムにぜひお越しください

2010.01.06 Wed



多摩CBシンポジウムの詳細お申込はこちらです
→ http://tamacb.blog38.fc2.com/blog-entry-27.html

1月から3月にかけては、怒涛の勢いでさまざまなイベントが目白押しです。

その理由の多くは、年度を4月から3月に設定している事業体が多く(行政はもちろんのこと)、企画・準備を4月から開始したとして、実施に至るのが年度後半、とくに年明けからの3ヶ月に集中するからです。

ということでイベントが重なり「どれもいきたい」状態になってしまう時期ですが、コミュニティビジネスに関心をもつ方には「一押し」の、ぜひお越しいただきたいイベントが、2月13日(土)午後1時から亜細亜大学で開催される「多摩CBシンポジウム」です。

シンポジウムといえば、先進事例の紹介というのは付き物ですが、多摩CBシンポジウムは先進事例の中でもとくに「地域をプロデュースする力」にフォーカスし、
「行政」と「事業者」というそれぞれ異なる立場のお二人をお招きし、まちをプロデュースしCBでまちを活性化した現場の実践を、以下の二人のキーマンにお話いただきます。

「酒屋グループのチャレンジ!地元資源を活かしたオリジナル商品が大ヒット」
遠州夢倶楽部 役員 有限会社あらかわ 荒川 能宏 氏


まちの酒屋さんをはじめ、元気のない個人商店が多い中、地元の資源をフル活用して、アイデア勝負で大手をしのぐ売上げを達成している酒屋グループの仕掛け人、荒川さんから、そのプロセスを存分に語っていただきます。


「行政マンのチャレンジ!市民を農の担い手に!地産地消・食育の先進地作戦」
今治市企画振興部企画課 政策研究室長 安井 孝 氏


行政マンでありながら、ライフワークとして地域の食と農のまちづくりにチャレンジし続けてきた安井さんをお呼びしました。
移動がつきものの行政マンの立場で、いかにしてひとつのテーマを推進し続けたか、その秘訣、地域を巻き込むネットワーク作りについてお話いただきます。



静岡と愛媛
遠くのまちでありながら、そのチャレンジから学び、参加した方のチャレンジへとつながるシンポジウムを目指しています。
ぜひお越しください。

私も企画段階から関わり、当日は司会を担当します。
会場でお会いできたらうれしいです。

多摩CBシンポジウムの詳細お申込はこちらです
→ http://tamacb.blog38.fc2.com/blog-entry-27.html

あけましておめでとうございます

2010.01.01 Fri

happynewyear.jpg


毎年、毎年
精一杯走ったなぁと思いながら年末を迎えていますが、昨日の大晦日は、ことのほか、その気持が強かったです。

Mystyle@こだいらも4年目に入り、とても充実した一年でした。
皆さま、ありがとうございました。

大晦日の夜は

年越しそばをいただき
にごり酒をあけて
紅白を見ながらトランプをして、一家団欒していました。
(…さらに器用にPCも開いてました)

Mystyle@こだいらMLに年末のご挨拶メールを出したら、それぞれの年越しメッセージが続々と届いて、つながってるなぁと思いながら迎えた年越しでした。

明けて元旦

今年も、昨年以上に走り続ける一年になる予感です。
さまざまな思いがいっぱいですし、
わくわくもしています。

皆さま
どうぞよろしくお願いいたします。

そんな怒涛の日々を控えるなかですが、
昨年に続き、元旦に家族そろって映画を観にいきました。

今回の作品は「アバター」。

見終わって思ったこと…すごい。
とても、とても良かったです。
3時間という長い映画でしたが、終わった後、現実にもどりたくないような気持になりました。

それくらいリアルな世界観でした。
圧倒されました。

どれくらい映画の世界に引き込まれてしまったかというと、異形の異星人に、終盤は、しっかりときめいていました^^;。

帰る道すがらそのことを主張したら
「人って、異なるものを受け入れる柔軟性があるよね」と夫が同意するかのようにつぶやいてましたが、それって、夫もときめいていたってことですね?!

大きくなっても一緒にでかける子ども二人を含め
いつもながら、日ごろはバラバラなようでありながら、この手の趣味は一致する我が家です。

こちらは予告編。
これだけだとピンと来ない方も、ぜひ本編を見てください。
おすすめです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。