Home>2009年08月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去からつながる未来

2009.08.23 Sun

Mystyle@こだいら夏休みの後半、夫の郷里の徳島に家族で帰郷しました。

徳島は夫の郷里ということだけではない思い出深い地です。
というのは10年前小平に越してくる前に5年間、徳島で暮らしていたからです。

長男は5歳から5年生まで
次男は0歳から5歳まで
徳島で暮らし、自然の中でのびのび大きくなりました。

私の今の活動の根っこの部分は徳島にあります。
10年以上の専業主婦暮らしから、おそるおそる仕事復帰への一歩を踏み出したのも、自分の力のなさを思い知ったのもここでした。

徳島での5年がなければ、今の活動はなかったもしれないと思うくらい、ここから始まったといってもよい場所です。

東京有明

徳島への往復はフェリー。
片道17時間、往復で34時間かかります。
無駄でもったいない時間とも思えますが、ネットもテレビもつながらない34時間は、本を読んだり、家族でトランプしたり、と意外と贅沢な時間でもありました。

出発は東京有明。
夕暮れの薄明かりの中、乗船。

紀伊半島沖

翌朝は快晴。
紀伊半島沖はいつも揺れますが、ゆったりとオーシャンビューのお風呂(なんと貸しきり状態♪)にはいったり。
ただし、お風呂が貸切になったのは、乗船客が少なかったから。
高速1,000円の影響を感じずにはいられません。

飯谷

夫の実家は、徳島市のはずれで専業農家を営んでいます。
部屋によっては携帯もつながらないロケーションですが、流れる時間がゆったりで癒されます。

夜は庭に炭をおこして親戚も集まってバーベキュー。

野菜はもちろん家の前の畑で摘んだ採れたて野菜です。
冷蔵庫には収まらない巨大スイカを冷やすのは山の湧き水。
義母とおしゃべりしながら台所仕事をするのも楽しい。
庭の広々した干場に洗濯物を干すのもなんだか幸せ。

さて、そんなまったりモードの徳島ですが、もちろんそれだけで満足の私ではありません^^;

先月の今治行き(私のふるさと)でも、今治の「地産地消」のリサーチをセッティングしていましたが、今回もじつは楽しみな出会いが組み込まれていました。

帰郷二日目に訪れたのは、徳島市の中心市街地。
徳島駅から程近い、商店街の一角にある「徳島大学しんまちオフィス」です。

徳島大学では、内閣官房「地方の元気再生事業」の平成21年度事業として「ブロードバンド徹底活用1000人塾ー地域にぎわいづくり人材養成プロジェクト」が採択され、実施が決まり、「徳島大学しんまちオフィス」がオープンしています。

今回、思わぬつながりからこのプロジェクトを中心になって担っていらっしゃる徳島大学の吉田先生とお会いすることになり、オープンしたばかりのオフィスにおじゃましました。

中心市街地の東新町は、昔は人がすれ違うのもたいへんだったというくらいの賑わいのあるまちだったということです。
私が暮らしていた10年前は賑わいに陰りはありましたが、まだ活気がありました。

その後、商店街の中にあった映画館が閉鎖となり(その映画館は子どもたちと一緒によく通ったのですが)、郊外の大型複合商業施設がうまれ、シネコンとなり…、というどこのまちでも辿る流れの中、10年ぶりに訪れた商店街は、店の多くがシャッターを閉ざし、かつての面影はありません。

徳島大学しんまちオフィス ビービル

しんまちオフィスは、そんな商店街からほど近いこのビルの2階。
メインのとおりから一本筋を曲がったところですが、意外とこういう場所に新しいきらっと光るお店も見受けられます。

徳島大学しんまちオフィス

オフィスにはピカピカのPCが20台セッティング済みです。
(無理無理に写真に入っていただいたのはプロジェクトメンバーのNさん)
今後、この場所を拠点に、ブロガー1,000人を創出するプロジェクトが始動します。

常設のPC環境は、なんともうらやましくて、小平でもこんな場所があったら…「あんなこと、こんなこと」とやりたいことが次々と浮かんで野望モード白日夢に入りそうでした^^;

なんだかスイッチがはいりました。
私にとってのこの10年のはじまりの地の徳島で、次の10年のヒントをいただいたような気がします。

立ち上げから関わって今も運営に参加している地域ポータルサイトこだいらネット。
お手伝いしている三鷹のはじめの一歩塾
それらをつなげた発信と見える化

次年度のキーワードが瞬き始めました。

勝浦川

バ・イ・バ・イ徳島♪
また来るね!
スポンサーサイト

ボサノバ ジャズ ハードロック

2009.08.15 Sat

世間ではお盆休み。
Mystyle@こだいらでは通常お仕事モードです。

Mystyle@こだいら夏休みはお盆をはずして17日から。

なのですが、のんびり夏のバカンスにひたれる状態ではまったくなく^^;
秋以降の怒涛の展開を前に、急ピッチで準備・調整を進めています。
(ちなみに秋以降年内の土日は各種講座、イベント予定でほぼ埋まりました)

ということで、夏休みに入る前に、とにかく進められることは手を打っておくために、この1週間、人に会う、会いまくる!日々でした。
で、気づいたこと。
会う人ごとに、異なる脳内BGMが流れるんですね。

ある人とはボサノバ。
まったり癒しのなかにも、α波が心地よく、そこから豊かな発想が生まれます。

またあるときはジャズ。
ときに挑発的に、ときに融合して自由に流れるセッション。
トラップするところからひらめくアイデアがあります。

そして、某W理事とは^^;
ゴングが鳴って
一触即発の勝負!という雰囲気の中、脳内BGMは思いっきりハードロックでした。
(気づくと思いっきり関西弁になってる私…)

ということで、仕込みはたっぷり。
来週からの夏休み中、熟成させます。

灯りまつり

2009.08.02 Sun

DSC01507.jpg

いよいよ8月。
昼間の暑さから、夕方には一転、涼しい気持ちの良い風が吹き始めました。

今夜は、こだいら灯りまつりの日。
多くの市民の手による灯ろうがいっせいにともり、まるで異世界に迷い込んだような気持ちになる幻想的なお祭りです。

灯りまつりは、静かな心にしみいるようなお祭りです。
夜の闇も、ろうそくの灯りも
こんなにやさしくつつんでくれるものなのだと感じます。

五感が研ぎ澄まされるような感覚。
はじめてなのに懐かしい気持ち。

昨年までは、小平駅から花小金井駅にかけてのグリーンロードで開催されてきましたが、今年から新たに鷹の台駅方面、中央公園も加わり開催エリアが広がりました。
昨年の様子

私は中央公園の灯りまつりの実行委員会の仲間にいれていただいて、当初活動していたのですが、2回ほど参加したところで仕事の日程とバッティングする状況になってしまい、参加できないまま当日をむかえました。

なんだか心残りで申し訳ない気持ちをかかえながら、まだ準備中の会場に向かったのですが、灯りがともる前から、多くの人が集っていることに驚きました。

会場の中央公園はまるで森の中のような公園です。
高い梢から射し込む光と緑影のもと、散歩を楽しむ人、ジョギングする人など
日ごろから小平市民の憩いの場です。

DSC01480.jpg

夕闇が降りてきて、いよいよ灯ろうがともりました。
灯りまつりには、人工的な音は必要ありません。

ひぐらしの声
葉ずれの音
人々の笑いさざめく声

もうそれだけで充分なのだと思います。

DSC01502.jpg

DSC01504.jpg

寄り添い
手をつなぎ
弾む気持ちが足取りにあらわれて
灯りまつりの夜はふけていきます。

DSC01511.jpg

最後までここにいたい気持ちをかかえながら、途中で家路につきました。
…今夜は家族で映画を観にいく約束だから。

でもって観にいった映画は「ハリーポッター」でした♪
先週は「アマルフィ 女神の報酬」も、やはり家族そろって観にいきました。

ばらばらなようで
じつは仲良しなのですよ(^^)

東京 ときどき 遭難

2009.08.01 Sat

7月最後の1週間は、

月曜日 秋から始まる講座の打合せからスタートし、多摩CBネットワークのオフ会で熱いコミュニケーションを交わし

火曜日 短大で授業を行い

水曜日 子どもの学校の三者面談では暴走してしまい(!)、締切書類その1を徹夜で仕上げ

木曜日 朦朧としながら横浜に向かい、1日講座に参加し(でも、収穫大!)

金曜日 締切書類その2で事務所で半泣きの事務作業に没頭し…、締めくくりは、「もっと家事を手伝いなさい!」と子ども達に文句を言ってプチ家出(結局、近所でお茶して、ボディソープや歯磨きを買って帰るというさえないオチ)^^;

という怒涛の日々でした。

こんな風に書き出してみると、仕事と家庭が同列に並んでいるあたりが、働く母らしくて、自分としては気に入ってます。

とはいっても徹夜明けの横浜行きでは、「ラッシュを避けよう」ともくろみ、八王子経由で横浜へ…のはずだったのですが、普通だと自宅最寄り駅から35分ほどで八王子につくはずが、なんと1時間以上かかりました!

時々ないですか?

新宿で遭難とか
新宿に行ったつもりが気づくと拝島だったとか
(ないよ!という力強い声が聞こえてきそうですね^^;)

人はこれを単に「ありえない間違い」といいますが
とても真面目に過ごしていて、こういう状況に陥ります。
交番はこんな私のための「灯台」です!えぇ、普通に駆け込んでSOSを出します(こういうところではプライドはないですね。きっぱり!)

「異世界の扉をひらいてしまう」
とか
「一時的に神隠しにあったのかも」
とか
言い張ってはみるのですが、軽くスルーされてしまいます。

だから、私って、やっぱり自転車が好きなんですよね。
自分でこいで、自分でハンドル握っていくのだから、間違いようがありません!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。